*

ワークブック「脳の右側で描け」をやってみました!

   

「ピクチャープレーン・ファインダー」というものが、巻末付録に付いていますので、それを鋏で切り離します。厚紙やボール紙で補強してくださいとのことでしたので、本のカバーの厚い紙を切って両面テープで↑のように貼り付けました(2枚)

この「ピクチャープレーン・ファインダー」を使用して↓のように水性ペンで写し取ります。水で濡らしたティッシュで間違えたら消せるので便利です。ファインダーを自立させるためにスマホ用スタンドをしようしました。

そして描きます。

小学生の時のドリルや夏休みの宿題をやっている気分です。

レッスン14まで終了しました。(40まであるので残り26です)

 

書き込み式のワークブックはこちら↓漢字練習帳のように、見本の漢字(お題の模写絵)を見ながらまねして記入する感覚です。詳しい教科書的な内容ではありません。お手本とお題付きの実戦用練習帳です。

Sponsored Links

 -脳の右側で描け

336×280レクタングル(大)

スポンサーリンク


336×280レクタングル(大)

スポンサーリンク


336×280レクタングル(大)

スポンサーリンク


漫画家のためのtwitter活用術。

「現在Twitterの拡散での宣伝力が強く ミニ漫画を定期的に描いて頂いてTwitterにアップをお

「少女まんが勉強会7」に参加しました。

2015年秋にスタートした「東京ネームタンク」。 漫画ネームの描き方や、技術を「蓄積・共有」する場所

ここでないどこかに行きたい

ずっと長いこと「ここじゃないどこかへ行きたい」と潜在意識が言っていました。 でも「ここじゃないどこか

カードサイズ超小型スマホ「Rakuten Mini」&楽天モバイル回線

2016年8月からFREETEL「Priori3S」を使用していました。回線もFREETELでした。

こち亀の作家さんが執筆された仕事術の本!

「秋本治の仕事術 『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由」を読みました! 立派な人間

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

  • こんにちは、ナコです。
    漫画制作日記を書いています。

    Let’s enjoy OEKAKI life!