*

同人活動のイベント参加方法

   

東京での冬コミ・大阪インテの冬のイベントが終了しましたね。

叶姉妹が参加なさったりと、去年の同人イベントも例年通り盛り上がっていたように見受けられます。

私も今年は参加したいと思います。

1年の間で数多くのイベントが開催されています。そのうちどれに参加したら良いのか、始めのうちはよくわからないと思います。

ですので今回は、私が今後このように参加できたら素敵だな!と思うイベント参加についてご紹介させて頂きます。

 

1月 COMIC CITY<大阪>
COMIC CITY(東京)
3月 HARU COMIC CITY(東京)
5月 SUPER COMIC CITY(東京・2days)
8月 COMIC MARKET(東京・3days)★
SUPER COMIC CITY 関西<大阪>
10月 COMIC CITY SPARK(東京)
12月 COMIC MARKET(東京・3days)★

上記8イベント+オンリーなど、自分好みのイベントに参加できたら素敵ですね。

上記のイベント全てに参加できたら理想ですが、★印の付いている夏と冬のコミックマーケットは申し込みをして抽選に受からないと参加できませんので、申し込みをして必ず参加できるイベントは赤ブーブー主催の6イベントになります。

そして、更に優先順位を付けると下記のようになります。

参加して楽しいのは、もちろんお目当てのサークルさんの新作商品のうむに大きく関わっているとは思いますが、目安として、参加サークル数と来場者数をピックアップしてみました。

イベントですので、人が沢山居るのはお祭り気分で楽しいものです。

 

12月 COMIC MARKET(東京・3days)★
2016年12月29日~31日
スペース数:36,000sp
来入場者数:1日目17万人・2日目17万人・3日目21万人
(合計:55万人)

8月 COMIC MARKET(東京・3days)★
2016年8月12日~14日
スペース数:34,000sp
来入場者数:1日目15万人・2日目17万人・3日目21万人
(合計:53万人)

5月 SUPER COMIC CITY(東京・2days)
2015年5月3日(日) / 5月4日(月)
スペース数:10,135 sp / 8,760 sp
来入場者数:49,758 人 / 45,237 人
(合計:9万4995人)

10月 COMIC CITY SPARK(東京)
2015年10月04日
スペース数:15,895sp
来入場者数:5万7898人

3月 HARU COMIC CITY(東京)
2016年3月13日
スペース数:8,224sp
来入場者数:6万2614人

1月 COMIC CITY<大阪>
2016年1月10日(日)
スペース数:9,475sp
来入場者数:3万9609人

8月 SUPER COMIC CITY 関西<大阪>
2015年8月23日
スペース数:9,440sp
来入場者数:3万7214人

1月 COMIC CITY(東京)
2015年1月25日
スペース数:8,306sp
来入場者数:3万6893人

夏・冬コミケが50万人超えと、三日間開催とは言え、とても凄い参加者数の多いイベントです。

1コミケで関ヶ原の合戦が出来てしまいます。まさに戦場のように人でごった返しています。

お客さんの数が物理的に多ければ多いほど、自分の作品が売れる可能性も上がります。

ですので集客数の多いイベントに参加できたら素敵だと思います。

ですがコミケは参加申し込みをするだけで、1万円を超えてしまう上に、受かるか落ちるか解らない、その上申し込みは半年前。ハードルの高さが突出しています。

コミケに参加できたら一番ですので、半年後自分はまだこのジャンルが好きだ!と、解っている場合は良いのですが、そうでない場合、始めの参加には赤ブーさんのイベントをオススメします。

 

赤ブーさんのイベントでは、5月・10月・3月が5万人超えですのでオススメです。

1月東京・大阪・8月大阪は3万人超えです。

 

そして自分が大好きなもので構成されているオンリーイベントも外せません。

大型イベントを視野に入れつつ、オンリーイベントと合わせて素敵な年間イベント参加プランをご検討ください。

 

なぜ年間計画という言葉が出てきたのかというと、原稿が完成しないと新刊が出せないからです。

イベントに参加するためにはまず、原稿を仕上げなくてはいけません。

原稿はなかなか完成させるのが大変なものです。

完成させたい気持ちはある、完成させなくてはと焦る。でも遅々として進まない。

楽しくて一気に仕上げてしまえるとき以外は、低迷してしまうことも多々あるものです。

そのためにも、初めのうちは2ヶ月ごとのイベント参加、イベントごとに新刊一冊!

くらいのゆるめのイベント参加がオススメです。

毎月イベント参加+新刊が出せたら理想ですが、それは専業作家さんやベテランの方でないと難しいものです。

始めは2ヶ月に1冊新刊!を目標に始めてみてはいかがでしょうか。

間に合わなかったら、次のイベント合わせに早割で申し込みましょう(笑)

 

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

今後はイベント申し込み方法について記載していきたいと思います。

Sponsored Links

 -イベント活動

336×280レクタングル(大)

スポンサーリンク


336×280レクタングル(大)

スポンサーリンク


336×280レクタングル(大)

スポンサーリンク


「少女まんが勉強会7」に参加しました。

2015年秋にスタートした「東京ネームタンク」。 漫画ネームの描き方や、技術を「蓄積・共有」する場所

ここでないどこかに行きたい

ずっと長いこと「ここじゃないどこかへ行きたい」と潜在意識が言っていました。 でも「ここじゃないどこか

カードサイズ超小型スマホ「Rakuten Mini」&楽天モバイル回線

2016年8月からFREETEL「Priori3S」を使用していました。回線もFREETELでした。

こち亀の作家さんが執筆された仕事術の本!

「秋本治の仕事術 『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由」を読みました! 立派な人間

一枚で見栄えのいい絵の描き方

Twitterでとても上手なカラーイラストをリツイートで拝見し、衝撃を受けました。 自分はまだまだカ

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

  • こんにちは、ナコです。
    漫画制作日記を書いています。

    Let’s enjoy OEKAKI life!