*

出張編集部に持ち込みへ行ってきたお話①

   

出張編集部に持ち込みへ行ってきました。(2回目の参加記事はこちら

出張編集部とは赤ブーブーさん主催の自費出版イベントに、編集さんが来てくださり、ブースで漫画を読んでアドバイスをしてくださる。
実力があれば即デビュー!という企画です。

『COMIC CITY プロデビュープロジェクトは、各漫画誌編集部とCOMIC CITYが、共に作家を応援し、新たな才能を探求するコラボ企画として、2010年5月スタートしました。 』
と、公式サイトに記載されています。

東京・大阪を中心に全国で開催されています。
愛知などは、名古屋コミティアというイベントに、各社の編集さんが出張編集部に来てくださっています。
東京開催のJ・GARDENなどにも出張編集部は来ています。

今回は、大阪インテックスで開催されたイベントの出張編集部に参加したレポート漫画を掲載します。

クリックで拡大します。

 

 

こちらの原稿の書き出し設定はこちら→ web漫画の書き出し方法@CLIPSTUDIO
web漫画は、印刷用原稿とは違う書き出し方法になります。

こちらの漫画は、【新人賞情報誌ぺこり】という雑誌にメールで投稿し、掲載していただきました。

レポート漫画を募集されていたので投稿しました。
掲載のいかんにかかわらず、応募者全員にイベント参加無料券が進呈されます。
掲載が確定すると、原稿一枚につき、三千円がいただけます。

すべてがメールでのやり取りになりますが、担当さんがとても親切な方でした。初めてのことでわからないことばかりなので、優しくしていただけると安心できます。

雑誌ペコリとは
『編集部による、新人賞の告知がひとつの冊子になりました。
『ぺこり』面談受付場所と、各ホール HOT SPOTで、無料配布です。おそらく日本で一番たくさん、漫画家への道案内が詰まった冊子です。持込体験記の漫画連載も掲載中。年3回発行、是非お持ちください。』
公式サイトより抜粋。

2回目の参加記事はこちら

—————
初出 2019.01.13. ぺこりvol.20
コピーライトマークナコ・赤ブーブー通信社
—————

Sponsored Links

 -日記

  関連記事

マンガを描くのは楽しいのか

マンガを描くのは楽しいです。 でもマンガを描くより楽しいことは、いくらでもあります。 いかにして、そ

iPad Proとパソコンどっち?!お絵かき環境2018年総まとめ

iPad Proの新作が発売されました。 はたして2018年12月1日調べの【いま漫画を描く最高の環

友人のマンガを読みました。

友人のマンガが完成したとのことで、読ませて頂きました。 作画がとても丁寧で、内容は関係なく、 「作画

一枚で見栄えのいい絵の描き方

Twitterでとても上手なカラーイラストをリツイートで拝見し、衝撃を受けました。 自分はまだまだカ

映画『メアリと魔女の花』感想&自分の作品に活かすためには(ネタバレは「ここから下」と表記してあります)

映画『メアリと魔女の花』を見てきました。 宮崎駿監督の作品が大好きで昔からジブリ作品は映画館に行って

下書きが終わりました

下書きが終わりました。これからペン入れです。 吹き出しや書き文字のペン入れをして、人物のペン入れ、効

1ヶ月でマンガを描く②

あと効果トーンを貼ったら終わります。 でも飽きてしまったので、今月中で完成させようくらいの軽い気持ち

出張編集部に持ち込みへ行ってきたお話②

出張編集部に持ち込みへ行ってきたお話① の2回目です。 出張編集部とは赤ブーブーさん主催の自費出版イ

マンガを楽しく描く方法を考えるブログ

はじめまして、ナコと申します。 お絵かきをするのが大好きなので、マンガを描こう! その過程をブログに

キャラクターの『瞳』一覧を作成する

下書きに入る前に、キャラクターの『瞳』一覧を作成します。 キャラクターの目の描き分けは、気を抜くとす

同人活動における著作権の取り扱いについて。

今年18歳になる方は、18禁同人誌関連の著作権とかルールが分からないと思いました。 漫画、小説、動画

LINEマンガ家応援プロジェクト&LINE作家向けオンラインセミナー体験談

LINEマンガ家応援プロジェクトに先日投稿しました!(↓こちら) 🔥投稿すれば、必ず

漫画のWEB投稿 比較2020

出版社への持ち込みや郵送での投稿の時代は終わり、WEB投稿に各社本腰を入れ出そろってきました。 ので

漫画家のためのtwitter活用術。

「現在Twitterの拡散での宣伝力が強く ミニ漫画を定期的に描いて頂いてTwitterにアップをお

「少女まんが勉強会7」に参加しました。

2015年秋にスタートした「東京ネームタンク」。 漫画ネームの描き方や、技術を「蓄積・共有」する場所