LINEマンガ家応援プロジェクトに先日投稿しました!(↓こちら)

マンガ本文は7枚の作品だったのですが、なんとワコムさんの液タブ頂いてしまいました!ありがとうございます!

多分このブログご覧になって「マンガ頑張ってるんだ!あげたい!」と思って下さったんじゃないかな?!と推測しました。

ありがとうございます!!!!!!!!

これからはLINEさんで連載させて貰えるよう精進していきますね!!!!

(いっきにめっちゃ大好きになりましたLINEマンガさん。)

5/28木曜日に「3000円貰った!」との情報を知り合いから得て、私も投稿する!!!と、

28日の夜投稿しましたら、翌日29日の16時twitter発表で液タブ頂きました。

24時間も経っていないで結果発表の迅速さ!

その翌日30日土曜日に住所登録のメールが届き、6/2か3日に届きました!

投稿後一週間も経たずに粗品プレゼントなんてスピーディーさ凄いです。

皆さんも運試しに是非ご投稿下さい!7/12までです!

投稿はこちら→LINEマンガ


LINE作家向けオンラインセミナーにも参加させて頂きました。

「参加したよーって呟いてOK 」とのことですのでレポートさせて頂きます。

LINEマンガの読者層は20~30代・女性6:男性4

この辺りをターゲット層に執筆するのもいいかもしれませんね。

インディーズ週刊連載の3割は本連載に進んでいるそうなので、想像より打ち切りは少ないんだなと思いました。(ジャンプのイメージが強いんだと思います)

連載するに当たり、必要であれば半年の準備期間を頂けるそうなので、

ギリギリ休みを多く取らせて頂くよう交渉できれば、有休使って仕事を辞めなくてもいいかな…?と思いました。

(ネーム16週分完成させて連載スタートなら、なんとかなるかな…と。)

 

WEBTOON(韓国?)が親会社さんみたいなので、LINEも韓国発のアプリですので、国内だけではなく、海外に強いコンテンツになっていくのかなと思いました。

電子配信にはとても強いイメージですが、紙のコミックスはどうなんだろうなと思いました。

最近は同人誌が商業化されずに企業からアニメ化する時代ですので、紙のコミックスが発売される前にメディア化とか、色々な展開になってますね。

電子配信は、普通電子配信作品が読まれると1話で数円から数十円、コミックスなら更に多くの印税が発生しますので、(頂けないところもありますのでお気を付け下さい。)

雑誌掲載の原稿料だけの時代より、いつでも電子で読んで頂けて収益に繋がるいい時代だなと思います。

2度目になりますが、電子配信でお金頂けないところありますのでご注意下さい。

LINEさんに関しては、モノクロ8000円・カラー10000円の原稿料とは別に電子の売り上げも頂けるそうです。

Sponsored Links